弁護士紹介

ラケル・ロメロ弁護士.

ラケル・ロメロ弁護士は、1978年にラトガース大学(Rutgers University)をきわめて優秀な成績で卒業(B.A.)Raquel Romeroし、その後ジョージタウン大学Gavel(Georgetown University)に進学し1982年に法学博士号( J.D.)を取得し、ニュージャージ州とテキサス州の2州で弁護士資格を取得しています。

ロメロ弁護士は、1993年から1994年までニュージャージー州ユニオン群倫理委員会にて委員長を務めた経験があり、またアメリカ国内では最も有名であり、世界中の法律専門家からも非常に高い評価を受けているMartindale-Hubbellが行った格付けにおいて最高の評価を受けています。

ロメロ弁護士は、ニュージャージー州弁護士会、モーリス郡・ユニオン群弁護士会、テキサス州弁護士会の会員でもあります。

業務分野:
労災問題
人身傷害問題
婚姻・離婚訴訟
商事訴訟
不動産、地主/借用問題
財産・遺言問題

顧問のニコラス·カルーソ、

カルソ弁護士は、1981年にニューヨーク大学(New York University)を卒業(B.A.) >